【宅建】合格までのストーリーを描こう!勉強の前に絶対に取り組んでほしいこと!

宅建取得のコツ
ミツオ
突然ですが皆さん!

 

試験日当日に自信を持ってペンを握り、黙々と問題を解いていると未来の自分が想像できますか?

う〜ん、想像できない、、、

 

とそこなあなた!?

 

そんなあなたに、試験当日ポジティブ?な想像ができるようにしましょう。

 

試験問題を難しく考え過ぎている!?

宅建の合格率は15%前後ですが、実際はもっと合格率高いと思うんです。

なぜならば、、、

他の試験に比べてあっとうてきに記念受験者多いと思います。

また結果的に記念受験になってしまった!

(勉強をほとんどしなかった)

私自身は不動産会社に勤務していますが、「あなた絶対勉強やってないよね!?」って人、まわりに結構います。

実際に試験直前に「勉強やった!?」ってきくと不動産は激務だから〜とか、拘束時間が長くて時間がとれないよ、受かったらラッキーかな(笑)等、よくあるあるです。

中には、鉛筆ころがしてとか笑!言う強者も、、、(たしかに5択なので)可能性はなくは無いです。はい。。。

冗談でもよくあるあるです。

 

計画をしっかりと立て、実践をしよう

断言しますが、宅建は試験当日までの計画をしっかりと立て、実践すれば、合格率は飛躍的に伸びる!

(え、そんなこと!)と思った方もいると思いますが、意外と計画立てない方多いです。

「時間が出来たら勉強しよう」「とりあえず本を読もう」といきあたりばったり、、

ではどうやって計画を立てる!?

 

試験当日までの勉強を逆算する

試験日当日に自信を持ってペンを握り、黙々と問題を解いていると日までの逆算です。

(紛らわし言い方すみません)

二言で、試験当日までの勉強を逆算するです!

本格的に勉強始める前に、今から試験日までの日数に応じて、勉強範囲の配分を行うことが大切です。

逆算で計画が立てられないと、試験日になって、過去問が解けていないとか模試試験がやれていない、って事になります。

それでは合格できる試験も合格できません。

また計画を立てる時のポイントは2つ!!

①試験日10日前からは過去問、模試試験、予想問題にあてる。(最後の仕上げ)

②スケジュール期間内の初めのうちに教科書を一通り読み込み、全体を把握する。

(勉強ができる期間は人それぞれですがスケジュール期間の初めの3分の1を目安に)

では更に細かく見ていきましょう!

①試験日10日前からは過去問、模試試験、予想問題にあてる。(最後の仕上げ)

宅建ほど過去問が有効なものはありません!

教科書読まずに過去問だけでって人がいるくらいです。

過去問をひたすら解き、間違えたら教科書で確認して、同じ間違えてを繰り返さない←※本当重要

間違えた事によって、内容を確認するので、記憶も定着しやすいです。(間違えてラッキーぐらいですよ)

過去10年2回、回すぐらいはやりましょう!

模試試験は時間の配分に有効です。50問90分(1問1分30秒)一見時間が長いようですが、実際模試をやってみると、案外時間が足りないくらいです。

本番でバタバタしない為にも、時間配分はしっかりと身につけて挑みたいところです。

②スケジュール期間内の初めのうちに教科書を一通り読み込み、全体を把握する。

(勉強ができる期間は人それぞれですがスケジュール期間の初めの3分の1を目安に)

こちらの記事をご覧いただいている方は社会人の方もいれば学生、主婦の方と色々な方がみえます。

宅建の勉強に充てられる時間ま期間も皆さんバラバラです。

ただ計画を立てる時は、初めに教科書を一通り読み込み、書き込み期間を設けてください。

(スケジュールの初めの3分の1を目安に)

教科書を早い段階で一通り目を通せば、宅建の全体像が把握できます。

また各書の得意、不得意がでてきますので、そこに合わせて計画の変更も可能なんです。

そうすることによって、より自分に合った戦略を考え、計画していくことができるんです。

(自分なりに戦略を考え行動に移すかとも楽しいですよ)

 

まとめ

今回は計画の重要性を感じていただけたと思います。計画を立てるによってモチベーションも格段に向上し、計画したことの継続にも繋がっていきます。

またその努力が自信になり、資格だけではなく、今後の人生まで変化をもたらすと思います。

より良い人生を切り開いていきましょう!

 

【こちらも合わせて読みたい】勉強がはかどらない? やる気を呼び起こす方法

今話題の家具のネットショップ

オシャレな家具・雑貨が最大80%OFF!!

覗いてみる価値アリ♪

 

不動産屋の所長オススメ賃貸サイト

最大99,000円のお祝い金がもらえる!

シンプルで物件情報がとにかく探しやすい

東証1部上場企業が運営で安心