賃貸の申し込みってキャンセルできる?費用がかかるって本当?

賃貸の申し込みってキャンセルできる?費用がかかるって本当? お部屋探しの疑問

賃貸物件を探している人の中には、

  • 「一度申し込んだ物件はキャンセルできるのかな?」

という疑問を抱えている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、申し込みをした後でもキャンセルはできるのか、費用は発生するのかということについて、詳しく解説していきます。

賃貸の申し込みがキャンセルできるタイミングとは?

沈滞物件の申し込みがキャンセルできるタイミングというのは、

  • 賃貸契約を交わすまで

です。

つまり、賃貸契約書に名前を書き、印鑑を押した時点でキャンセルができなくなってしまうということです。

正確にいうと、賃貸契約書を交わした後でもキャンセルをすることはできるのですが、違約金などが発生してしまう可能性があります。

契約書を交わした後にキャンセルをするとどうなる?

賃貸の申し込みがキャンセルできるタイミング

では、仮に契約書を交わした後に物件をキャンセルする場合、払った費用などはどうなるのでしょうか。

キャンセルではなく「途中解約」扱い

契約書を交わした時点で、物件の契約が完了ということになります。

そのため、契約書を交わした後というのは、キャンセルではなく途中解約扱いとなり、違約金が発生するケースが多いです。

中には、キャンセル後の違約金を不当だと主張する人もいますが、これは契約書にも記載されていることがほとんどですので、素直に支払いに応じることをおすすめします。

ほとんどの初期費用は返ってこない

賃貸契約書を交わした後にキャンセルをすると、事前に払っていた、

  • 礼金
  • 前家賃
  • 共益費
  • 仲介手数料

は返ってこない可能性が高いです。

ただ、敷金というのは大家に預ける保証金のようなものですので、全く部屋を使用していない状態であれば返金されるケースも多いです。

賃貸の申し込みをキャンセルするデメリットは?

キャンセルするデメリット

では、契約を結んだ賃貸物件をキャンセルするデメリットとは一体何なのでしょうか。

とにかく気まずい

賃貸契約を結んだ後は、本来であれば、不動産屋と入居者の両方が喜んでいる状態です。

入居者は新しい家が決まり、不動産屋は契約が決まったからです。

ほとんどの不動産屋は、契約書を結んだ直後にキャンセルされるケースを想定していないことが多く、こちらからキャンセルを伝えるとがっかりされる可能性があります。

だからといって、入居者側が尻込みをする必要はないのですが、やはり感情面での気まずさというのは残るでしょう。

1から部屋を探す必要がある

部屋探しというのは、意外と根気が必要ですし、考えるべきこともたくさんあります。

せっかく決まった物件をキャンセルするということは、また1から物件を探していかなければならないということです。

そのため、部屋探しのモチベーションが下がってしまう可能性があります。

お金を無駄に失う

先ほども解説したように、賃貸契約書を結んだ後にキャンセルをすると、既に支払っているお金の多くが返ってきません。

そのため、無駄にお金を失うことになるのです。

満足のいく物件を選ぶ方法は?

満足のいく物件

では、満足のいく物件を選ぶためには、一体どのような方法を実践すればよいのでしょうか。

具体的なコツをいくつか紹介していきます。

気になる物件の相見積もりを取る

まずは気になる物件の相見積もりを取ることが大切です。

相見積もりというのは、複数業者から同時に見積もりを取るという作業のことです。

この作業をする事で、初期費用などを比較することができ、安くやってくれる不動産会社を選びやすくなるのです。

自分の意思で決める

不動産屋というのは、とにかく契約を取ることが目的です。

また、彼らは不動産営業のプロでもあるため、知識のない人であれば、すぐに口車にのさせられてしまうでしょう。

ただ、営業マンの行ったことを鵜呑みにして、流れで契約書を結ぶと「やっぱりキャンセルしよう」
となってしまう事があるのです。

そのため、不動産屋の言葉はあくまでも参考程度に考えて、自分の意思で決めていくことをおすすめします。

たくさんの物件に申し込みをしない

賃貸物件を探している人の中には、「とりあえずたくさんの物件を押さえておいて、住む部屋が決まったら他はキャンセルすればいいや」と思っている人もいるでしょう。

このやり方も決して違法ではありませんし、契約書を結ぶ前であれば費用をかけずにキャンセルすることはできます。

ただ、これをやってしまうと、比較作業がものすごく大変になってしまいますし、送られてきた資料がゴチャゴチャになってしまう事があります。

そのため、安易に複数の物件に申し込みをするということは避けましょう。

まとめ

物件のキャンセルのまとめ

賃貸物件のキャンセルというのは、契約書を交わす前であれば、無料で行うことができます。

しかし、契約書を交わした後のキャンセルは、途中解約という扱いになるため、支払っているお金のほとんどが戻ってこないでしょう。

そのため、これから物件を探していく人、あるいは現在進行形で不動産屋とやり取りをしている人は、安易に賃貸契約書を結ばずに、よく考えてからサインすることをおすすめします。

地域限定

家具をレンタルすると言ったら勿体ないといわれた。 でも費用を計算すると・・・

↑豊富な種類!今すぐタップ↑

\こちらで話題のサービスを徹底解説/

CLAS(クラス)の評判から口コミ!話題の家具や家電レンタルのサブスク!

2021.01.22

不動産屋の所長オススメ賃貸サイト

最大99,000円のお祝い金がもらえる!

シンプルで物件情報がとにかく探しやすい

東証1部上場企業が運営で安心

ミツオ
オシャレ度が圧倒的!!オシャレな家具が揃う話題の通販インテリアサイト!

【インスタ映えの家具ばかり!好みのテイストに合わせたコーディネートが見つかる】