賃貸の玄関の幅は? 「置く靴の数」と「靴箱の収納力」で決まります

賃貸の玄関の幅は? 「置く靴の数」と「靴箱の収納力」で決まります お部屋探しのコツ

賃貸を決めるときには、玄関の幅で悩みますよね。

はたして、どのくらいの玄関の幅であれば、快適に暮らせるのでしょうか。

実は、「置く靴の数」と「靴箱の収納力」がわかれば、快適な玄関の幅を見極めることができますよ。

賃貸に置く靴の数は?

賃貸に置く靴の数は?

快適な玄関の幅を見極めるためには、まず賃貸に置く靴の数を把握することが大切です。

ぜひ、今すぐにでも、賃貸に置く靴の数を調べてください。そして、その数をもとに、快適な玄関の幅を見極めてゆきましょう。

置く靴が少なければ、玄関の幅は狭くていい

賃貸に置く靴が少なければ、玄関の幅は狭くて問題ありません。

例えば、3足程度の靴を置いておくだけなら、「けっこう狭いな~」と感じるような玄関の幅でも、快適に暮らすことができるでしょう。

玄関の幅が広い賃貸は、家賃が高くなる傾向にありますからね。そのため、置いておく靴が少ないのにも関わらず、広い玄関の賃貸を契約してしまったら、家賃を無駄遣いしていることにつながるかもしれないのです。

置く靴が多い場合は、それに見合った玄関の幅を

一方で、賃貸に置く靴が多い場合は、それに見合った広さの玄関の幅が必要です。

例えば、20足もの靴を置いておくのにも関わらず、玄関の幅が狭かったら、快適な生活は送れないでしょう。

ただし、靴箱次第で、玄関の幅が狭くても、問題なくなる場合がありますよ。(詳しくは後述いたします)

靴を脱ぎ履きするスペースの余裕も確保しよう

玄関内にいっぱいいっぱいの靴を置いたら、脱ぎ履きするスペースがなくなってしまいます。これでは、出発と帰宅のたびに、ストレスを感じなければいけませんね。

靴を脱ぎ履きしやすいということも、快適な暮らしのためには重要なのです。

だからこそ、賃貸の玄関の幅を考えるときには、「靴を脱ぎ履きするスペース」のことも視野に入れるようにしてください。

靴箱があるのなら玄関の幅は狭くても大丈夫?

玄関の幅

賃貸に置く靴が多いのなら、それに見合った玄関の幅であることが大切です。

しかし、靴箱に収納力があるのなら、たとえ玄関の幅が狭いとしても、多くの靴を置いておけます。

つまり、快適に暮らせる玄関の幅を見極めるにあたっては、靴箱の収納力も重要になってくるのです。

靴箱の収納力を考えよう

靴箱の収納力が大きければ、そこに多くの靴を入れられるわけです。ぜひ、賃貸の内覧をするときには、靴箱のサイズについても確認してください。

極端な話ですが、20足もの靴を置いておきたいとしても、「20足を収納できる靴箱」があれば、玄関は脱ぎ履きするスペースのみで問題ないのです。

このように、靴箱の収納力の有無というのは、快適に暮らせるかということに、大きく関わってくるわけですね。

収納力アップグッズを買うのもアリ

世の中には、たくさんの「靴箱用の収納力アップグッズ」が売られています。

ちなみに、特に私が感心した商品が、「靴ホルダー(倍の靴を収納できるグッズ)」です。

この商品を使えば、たとえ10足分の収納力しかない靴箱でも、20足の靴を収納できるわけですね。(ブーツなど背の高い靴には使えません)

このように、収納力アップグッズを使えば、小さな靴箱でも快適な生活が実現できるかもしれないので、ぜひとも検討してみてください。

自分で靴箱を買うのもアリ

また、賃貸に充分な靴箱がないのなら、自分で買うのもアリでしょう。

例えば、狭い幅の玄関であっても、「玄関近くの廊下」などであれば、靴箱を置けるはずです。

また、縦長サイズのものであれば、狭いスペースに置きつつも、多くの靴を収納できるでしょう。

靴箱は数千円程度で、購入できますからね。

だからこそ、玄関の幅が狭くて、収納力の高い靴箱もないのなら、それを自分で購入するという方法も検討してもらいたいのです。

友人などを招くときのことも考えて

友人などを招く

友人が賃貸に遊びに来たときに、玄関のスペースが足りなくなることがあるかもしれません。

例えば、3足分の靴しか置けない玄関のアパートに住んでいる中で、5人の友人が遊びに来たら、キャパオーバーになってしまいますよね。

このような事態を避けるためにも、友人などを招くときのことも想定して、玄関の幅を考えてもらいたいのです。

ただ、たまに来る友人のために、わざわざ幅の広い玄関のアパートを契約するのは、もったいないかもしれません。

もし、そのように感じるのなら、「友達が来たときだけ廊下に新聞紙を敷いて、そこに靴を置いてもらう」というような応急処置をすることで、乗り切ることができますよ。

濡れた傘の置き場所どうしてる?狭いアパートで濡れた傘を乾かす方法とは!!

2020.12.20

まとめ

玄関の幅のまとめ

置く靴の数に応じて、快適に暮らせる玄関の幅は変わってきます。例えば、置く靴が多い場合は、それなりに広い幅の玄関の賃貸で暮らすことが大切です。

ただし、収納力の高い靴箱があるのなら、多くの靴を持ちつつも、狭い玄関で快適に暮らすことができますよ。

また、快適な玄関の幅を見極めるにあたっては、「靴を脱ぎ履きするスペース」「友人を招いたとき」のことも考えてゆくべきでしょう。

キャッシュバック!お祝い金がもらえる賃貸サイトを徹底比較!【最新版】

2020.02.10

今話題の家具のネットショップ

オシャレな家具・雑貨が最大80%OFF!!

覗いてみる価値アリ♪

 

不動産屋の所長オススメ賃貸サイト

最大99,000円のお祝い金がもらえる!

シンプルで物件情報がとにかく探しやすい

東証1部上場企業が運営で安心

ミツオ
オシャレ度が圧倒的!!オシャレな家具が揃う話題の通販インテリアサイト!

【インスタ映えの家具ばかり!好みのテイストに合わせたコーディネートが見つかる】