賃貸を決められないときは「譲れないこと」を決めるのがおすすめ!

賃貸を決められないときは「譲れないこと」を決めるのがおすすめ! お部屋探しのコツ

 

こんな方におすすめ

  • 部屋が中々決められない方
  • 部屋探しを迷ってしまう人
  • 部屋探しの条件がたくさんある方

 

賃貸をなかなか決められない方も多いのでは。

もし、決めることができないのであれば、「譲れないこと」を定めてみるのがおすすめです。

賃貸に求める条件をもとにすれば、物件を絞ることができるのです。

多くの賃貸物件があるからこそ決められない

アパートやマンションって、かなり多くありますよね。だからこそ、賃貸物件を比較してみても、たくさんの候補がありすぎて、なかなか決められないはずです。

例えば、物件検索サイトで探してみると、数百件もヒットするなんてことがありますからね。

特に、駅前などはより物件が多いため、何時間もパソコンと向き合うなんてことになるかもしれません。

賃貸に求める「譲れないこと」を定めよう

賃貸を決められないのなら、「譲れないこと」を定めてください。

この、「譲れないこと」を定めることで、物件を絞り込むことができます。

もちろん、「譲れないこと」が多ければ多いほど、より細かく物件を絞ることができるため、賃貸を決めやすくなりますよ。

賃貸に求める「譲れないこと」って何ですか?

「生活において妥協できないこと」が、賃貸に求める「譲れないこと」になるでしょう。

例えば、「トイレと風呂は別々がいい」と思うのなら、それが「譲れないこと」になるわけですね.

他にも、賃貸に求める譲れないことは、たくさん浮かぶのではないでしょうか。

  • 防音対策されている賃貸がいい
  • 南向きの部屋がいい
  • オートロック機能のあるマンションがいい

といった具合に、たくさん浮かんでくるはずです。

ぜひ、賃貸を決められないのなら、このように「譲れないこと」を考えてください。

譲れないことをもとにすると、多くの物件を絞りやすい

譲れないことをもとにすると、多くの物件を絞りやすい

このように、「譲れないこと」を考えて、それをもとに物件を絞れば、決められない状況から打開できるわけです。

ちなみに、「譲れないこと」を考えるときには、妥協する必要はありませんよ。

おそらく、世の中には多くの物件があるため、譲れないことがたくさんあっても、ヒットする賃貸はあるでしょう。

仮に、ヒットする賃貸がなくなったら、そのとき初めて「譲れないこと」に対して妥協して、住む候補の物件を増やしていけばいいのです。

二者択一で決められないときはどうする?

「AアパートとBアパートのどちらかで悩む」といった具合に、二者択一で決められないときもあるでしょう。

このような場合は、「どちらが楽しそうか」「どちらが楽そうか」ということを、様々な視点から考えてみてください。

  • 駅まで近くて楽なのはどっちか
  • インテリアが素敵で楽しそうな生活になりそうなのはどっちか
  • 家賃が安くて負担が楽そうなのはどっちか

などという具合に、様々な視点から考えてみるのです。

そして、考えた結果として、「こっちに住みたい」と思える賃貸を選択すると、後悔しにくいですよ。

絶対に内覧はしておこう

例えば、ネットで賃貸情報を吟味して、「ここがいい」と確信できたとしても、絶対に内覧はしてください。

と言うのも、実際に住んでみたものの、「想像していた住み心地と違う」などと感じる可能性もあるのです。

例えば、「実際に住んでみたら、想像以上に車の音がうるさかった」なんてことがあるかもしれません。

ただ、内覧さえしていれば、このような後悔は防げるのです。だからこそ、たとえ面倒であるとしても、絶対に内覧をしてください。

【物件見学】内見時のチェックポイントをプロの目線でお伝えします!

2018.08.19

疑問点などは正直に聞くべき

また、内覧などをするときに、疑問点などが生じたら、正直に聞いてください。やはり、疑問点を持ったまま住んでしまったら、後悔してしまうかもしれませんからね。

このような事態も、事前に正直に聞いていれば、防ぐことができるわけです。

確かに、「聞いたら失礼かな」などと思うかもしれませんが、快適な暮らしをするためにも正直に聞くようにしてください。(そもそも疑問点について聞くことは失礼なことではありません)

賃貸契約をするか迷ったら、やめておくべきだ!

迷っているということは、何かしらの懸念を感じているということです。

このような状態で、実際に賃貸に住んだとしても、懸念を感じながらの暮らしになってしまいます。

これでは、ストレスが積み重なってしまうため、快適な生活にはなりませんよね。

また、仮にストレスが大きくなって、退去したいと考えたとしても、手続きなどは面倒なものです。

  • 何となく道路の音がうるさい感じがする
  • 壁が薄くて隣人の騒音に悩まされるかもしれない
  • 日当たりが悪くて洗濯物が乾くか不安

といったように、「何となく迷う」というような状態でも、賃貸契約はやめておいたほうがいいのです.

まとめ

賃貸を決められないときは「譲れないこと」

賃貸を決められないのなら、「譲れないこと」を定めましょう。

例えば、「南向きがいい」「オートロック機能があってほしい」という具合に、「譲れないこと」を定めるのです。

そして、そんな「譲れないこと」をもとにすると、物件を絞ってゆけますよ。

また、二者択一で決められないのなら、「どちらが楽しそうか」「どちらが楽そうか」という基準をもとに考えてゆきましょう。

地域限定

家具をレンタルすると言ったら勿体ないといわれた。 でも費用を計算すると・・・

↑豊富な種類!今すぐタップ↑

\こちらで話題のサービスを徹底解説/

CLAS(クラス)の評判から口コミ!話題の家具や家電レンタルのサブスク!

2021.01.22

不動産屋の所長オススメ賃貸サイト

最大99,000円のお祝い金がもらえる!

シンプルで物件情報がとにかく探しやすい

東証1部上場企業が運営で安心

ミツオ
オシャレ度が圧倒的!!オシャレな家具が揃う話題の通販インテリアサイト!

【インスタ映えの家具ばかり!好みのテイストに合わせたコーディネートが見つかる】